DP1 ソフトウェア

DCCで鉄道模型をコントロールするアイテムの1つに「DP1(赤い箱)」があります。南福岡急行鉄道では、DCCデコーダを搭載した車両をコントロールするのに「DP1」を利用しています。「DP1」を使用するためのソフトウェアは、販売元のSNJPNより「DccPgm3」が無償で提供されており、このソフトウェアを利用することで、DCC運転を楽しむことができます。

「DP1」を使用するにはパソコンが欠かせませんが、逆に言えばパソコンを利用することにより、ワイヤレスでPDAと通信して、PDAからデコーダを搭載した鉄道模型をコントロールする。といったような機能の拡張が容易になり、DCCの可能性が広がることにもなります。

南福岡急行鉄道では、パソコンを利用する点を生かして、操作性の向上や、将来の機能拡張、自動運転などを考慮して下記のようなソフトウェアを開発しています。

DP1 Command Station
DCCコマンドステーションに特化したソフトウェアです。パソコンからコントロールすることを考慮して、キーボードの操作性確保、自動加減速機能を採用するなどして、運転時の負担を減らしています。
DP1cs Mascon
資産の有効活用?も兼ねて、プレイステーション用の「電車でGO!コントローラ」でも運転できるように開発しました。ゲームパッドコンバータを利用しパソコンに接続します。クライアントとして「DP1 Command Station」に接続して、加減速はもちろん、方向、ファンクションの操作がコントローラーでできるようにしています。
DP1cs Mobile
こちらも資産の有効活用?も兼ねて、Windows Mobile(W-ZERO3)でも運転できるように開発しました。「DP1 Command Station」と同様に自動加減速機能を採用して操作の負担を減らしています。携帯性を生かし視点を変えながらコントロールするという楽しみ方もできます。

将来的にはTCP/IP通信を利用して「DP1 Command Station」をサーバー、その他をクライアントとして動作させることで、DCCシステムを状況に合わせて利用することができるとともに、機能拡張にも容易に対応できるようになる予定です。