813系300番台 | DCCデコーダ取付け例

ここでは、マイクロエースから発売された「813系300番台」に、DCCデコーダを取り付ける方法を紹介します。「813系100+500番台 福北ゆたか線」仕様にも、同じ様にデコーダを取り付けることができます。

KATOから発売された「813系200番台」などは、813系200番台 | DCCデコーダ取付け例をご覧ください。

※注意
DCCデコーダの取付作業は、自己責任の上でお願いします。
ここで紹介した方法によって、車両やデコーダなどの故障・破損等が発生しても当方では責任を負いかねます。

デコーダはSNJPNから発売されている DE22x6DF12r3 を使用しました。マイクロエースの813系は、行先方向幕が点灯しますが、ヘッドライト・テールライトとは別に専用のLEDで点灯する仕組みになっています。そこで、3ファンクション使用して独立してコントロールできるようにしました。独立させることで、停車中にヘッドライトだけ消灯するといった使い方が出来ます。

使用した製品の型番などは、下記の表の通りです。

メーカー品番個数備考
Nゲージ車両マイクロエースA62951813系300番台
DCC デコーダSNJPNDE22x61クモハ813用
DCC デコーダSNJPNDF12r31クハ813用
電線若干デコーダ接続用
 

デコーダ取付け方法

  1. 車両を分解した時のメンテナンス性を考慮して、デコーダからの電線は、ライト基板に半田付けしました。そのため、純正のライト基板は、パターンカット等を行っています。
    ec813_11.jpg
    ec813_12.jpg
  2. ライト基板に接続した電線を通すため、ライトケースの一部を削りました。
    ec813_21.jpg
    ec813_22.jpg
  3. 同様の理由で、クハ813は、シートの一部を削りました。
    ec813_31.jpg
    クモハ813は、ライトスイッチを取り外しました。
    ec813_32.jpg
  4. モータへの電線は、フライホイールに干渉しないようシートに穴を空けてモータへ半田付けしました。集電板には、KAPTONテープを貼りました。
    ec813_41.jpg
    ec813_42.jpg