DCCとは

DCCとは、Digital Command Control (デジタル・コマンド・コントロール)の略称です。

従来の鉄道模型は、直流電流をレールに供給して、電圧によって速度を変化させ、進行方向は電流の流れる向きを切り替えることで車両を動かしてきました。また、複数の列車を別々にコントロールするには、レールにギャップを設ける必要がありました。

DCCは、あらかじめ車両やポイントにデコーダを搭載しておき、速度・進行方向・ライト消灯点灯、ポイント転換などの指示を交流デジタル信号としてレールに供給して、指定されたデコーダが反応して車両やポイントをコントロールすることができます。DCCデコーダのなかには、サウンドデコーダと呼ばれるものもあり、車両にスピーカーを搭載することで、ブレーキのエアー音を発生させるような事もできます。DCCを使うと、従来のようにレールにギャップを設けることなく、複数の列車を別々にコントロールすることもできます。

DCCの特徴

  • 同一線路上で複数の列車を個別にコントロールできる
  • 車両が走行または停車している状態に関わらず、ライトのON/OFFをコントロールできる
  • スロー走行や、勾配・編成の負荷の変化に影響されない安定した走行
  • モーターの性能が違う車両同士でも、併結して一つの列車として運転できる

DCCで必要なもの

コマンドステーション
車両の速度や進行方向などの指示を、デジタル信号として出力しレールに供給する
デコーダ
レールに流れている信号を解読して、モータやライト、ポイントなどをコントロールする

DCCの規格について

DCCは、NMRA という世界標準規格があり、この規格に対応していれば違うDCCのメーカーの製品を混在して使用することができます。

DCCメーカーは海外を中心に数社ありますが、南福岡急行鉄道では SNJPN の製品をメインにDCCへの対応を進めています。価格、機能等を含めて満足のいく製品を作られており、日本のメーカーなので、購入・サポート等考えると安心です。

about_dcc.jpg