日記|その他

 

コンセント式のUSB充電器

2015-9-27
Tag: その他

デジタル機器が普及してきた昨今、旅行や出張に行った際のホテルで充電しようとしたところ「コンセントが1個しかない」やACケーブルが無い一体型の充電器だと「壁や備品とぶつかってコンセントに挿さらない」といった経験をされた方も少なくないのではと思います。2014年冬にWindowsタブレットを購入した私もその1人です。

私の場合、タブレットを購入する前の旅行・出張時のデジタル機器は、ガラケーとデジカメだけでしたのであらかじめガラケーを家で充電しておけば、ホテルではデジカメさえ充電できれば十分でした。しかし、SIMポートが無いタブレットを購入した事(承知の上)でモバイルルータも欠かせない存在となり、今はガラケー・デジカメ・タブレット・モバイルルータの4点が旅行・出張時のデジタル機器となってしまいました。スマホにすればすっきりするのですが、月々の通信費が高くなることや、それぞれ自分なりに役割を分けて購入・使用しているので、4点のデジタル機器を持つこと自体には不満ありません。よって、ホテルでの充電器問題は避けることが出来ないため、コンセント式のUSB充電器を購入する事にしました。

 

コンセント式のUSB充電器は国内外のメーカーから色々な製品が発売されていますが、私は下記の特徴があるサンワサプライの「700-AC011BK」を購入しました。

  • USBポートが6個
  • 6個すべてのUSBポートに自動判別機能があり、機器にあわせた最大電流で充電できる(1ポートの最大は2.4A)
  • 6ポート合計10Aまで出力可能
  • ACケーブルに接続して使用するので、「コンセントに挿さらない」という心配が不要

上記の内2番目は実用上とても重要と考えました。製品によってはポートによって供給できる電流値が異なるため、USBケーブルを挿す時に気をつけないと「供給できる電流が小さいポートに挿してしまい充電不足だった」というような事になる可能性があります。

1ポートあたりの最大電流が2.4A、6ポート合計で10Aとなっていますが、私の4種類のデジタル機器の純正充電器で一番電流値が大きいものが2.0A、4つの合計値が4.2Aとなることから電流容量も十分と判断しました。

品名品番充電電流
ガラケーN-05C0.7A
デジカメDSC-HX9V0.5A
タブレットPC-TW708T1S2.0A
モバイルルータMR03LN1.0A
合計4.2A

※充電電流は純正充電器に記載されている値です。

 

実際に旅行・出張で使用しましたが、重さは約220g(本体のみ)でそんなに場所をとる訳でもなく、ホテルで寝る前にこの充電器へ接続しておけば朝起きた時には全ての機器がきちんと充電完了していました。どの機器でも充電できることから家でも使用しており、純正充電器がゴロゴロしていた状態から比べてすっきりしました。

 

投稿者 jrk813 | 個別ページ | コメント(0)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

タブレットを購入

2015-4-19
Tag: その他

2014年冬にNECパーソナルコンピュータから発売された、8インチのWindowsタブレット「PC-TW708T1S」を購入しました。 以前からタブレットが欲しいと思っていたのですが、以下の理由により購入に至りました。

  • NECから8インチのWindowsタブレットが発売
  • ガラケー(フューチャーフォン)を取り巻く環境の変化
  • 格安SIMの普及
DSC02562
 

まず1番目の理由について、8インチのWindowsタブレットは他のメーカーから既に発売されていますが、NECの「PC-TW708T1S」を選んだのは、国内メーカーにこだわった事となるべく解像度が大きい機種を希望したためです。あとは、社会人になってから自分用のノートパソコンを所有しているのですが、ずっとNECのLavieを使い続けていることから、NECをひいきにしている事もあります。

次に2番目の理由について、今まで外出先でインターネットで調べ事をする時はガラケーを使用していましたが、スマートフォンの普及によりWebサイト側がガラケーに対応しなくなったり、閲覧し辛くなってきました。普通ならばスマートフォンにとなるのでしょうが、毎月の支払いが7000円前後かかることと、ほとんど待受け専用なので割に合わない事から我慢してガラケーを使い続けてきました。

最後に3番目について、これもスマートフォンの普及が後押ししていると思いますが、MVNOによるインターネット接続サービスが安く利用できるようになりました。1ヶ月2GBまたは3GBの場合で1000円を下回る料金であることから、ガラケーのパケット定額サービスを縮小または解約することで、月々の支払い額を増やさずにデータ通信を利用できるようになります。

 

格安SIMを使用する前と使用後の月々支払い項目を以下に記載します。

項目ガラケーのみガラケー&格安SIM
ガラケー基本料¥934¥934
インターネット接続料¥300¥300
パケット定額料¥2,000¥372
ユニバーサルサービス料¥2¥2
消費税¥258¥128
格安SIM基本料¥900
ユニバーサルサービス料¥2
消費税¥72
合計¥3,494¥2,710

※ガラケーの各料金はD社の一例です。

ガラケーのパケット定額サービスを完全に解約していないのは、電話とメールの使用頻度を考慮したプランを選択した事と、ネット銀行のサービスを引き続きガラケーで利用する場合があるためです。

 

さて、ここまで「PC-TW708T1S」を外出先でWebに接続する前提で話を進めてきましたが、1つ重要な課題があります。「PC-TW708T1S」にはSIMカードスロットが無いため、SIMカードを購入しても外出先でWebに接続できないのです。無論これは購入前に調べておきましたので、別途NECのモバイルルータ「MR03LN」を一緒に購入しました。またNEC?と突っこみたくなりますが、「MR03LN」は以下の特徴がありモバイルルータを検討されている方は買って損は無いと思います。

  • ドコモの全ての周波数帯に対応(大半の格安SIMはドコモの回線を使用)
  • LTE対応
  • Wi-Fi通信で約12時間、Bleutooth通信で約24時間の連続動作が可能
 

投稿者 jrk813 | 個別ページ | コメント(0)


 

BD-1でヒルクライム

2013-02-02
Tag: 自転車

BD-1 Standerd を買って約半年ほど経ちました。街乗りにしか使わないのですが、無性にヒルクライムがしてみたくなったので、BD-1の登坂力の確認も兼ねてチャレンジしてみました。

 

ヒルクライムにチャレンジしたのは、近場で標高もさほど高くない四王寺山です。 大野城市・太宰府市・宇美町の境界にある四王寺山は主に3つのルートがあり、それぞれの市町から登ることができます。今回は大城林道を経由して大野城市側から登ることにしました。

今回のヒルクライムルート

ルートラボで下調べをすると、頂上(焼米ヶ原)までずっと上り坂ではなく若干ですが下り坂もあります。上りの平均斜度が6.4%となっています。斜度が7%程度になってくると厳しいとも言われているので大変そうです。

実際に大野城市の総合体育館から登ってみると、大城林道15番カーブくらいまでは、暴走族対策?のためか所々段差舗装が施してあるため走りにくかったです。以降は普通の舗装された道ですので、自分との戦いです。

25番カーブから33番カーブにかけてが最も坂が厳しいですが、あえて立ち漕ぎせずにギアをローにしてゆっくり着実に登りました。 33番カーブを過ぎると下り上りを繰り返して、大城林道の終点である県民の森に到着します。ここからもう1km程登ると頂上(焼米ヶ原)に到着しました。総合体育館から頂上(焼米ヶ原)までの所要時間は30分でした。

BD-1で四王寺山(焼米ヶ原)

帰りはそのまま折り返して同じルートで下り、所要時間は20分でした。

今回BD-1でヒルクライムして立ち漕ぎをしなくてもそれなり登れることがわかり、速く走れてそこそこ登れるBD-1の性能をあらためて実感することができました。

 

投稿者 jrk813 | 個別ページ | コメント(0)


 

nimocaで西鉄バスをお得に利用する方法

2012-07-29

2008年5月16日に導入されたICカード乗車券「nimoca」ですが、発行元である西鉄バス・西鉄電車はもちろん、相互利用サービスにより、JR九州や地下鉄(福岡市交通局)でも利用できます。

「nimoca」の大きな特徴として、バス利用に対するポイント制度や乗り継ぎ割引制度があります。

ポイント制度は、運賃の2%が固定ポイントとして付与され、さらに1ヶ月あたりのバス利用金額に応じて、2000円ごとにボーナスポイントが付与されます。

乗り継ぎ割引制度は、同一バス停で90分以内にバスを乗り継いだ場合に、乗り継いだバスの運賃が最大80円割引されます。乗り継ぎ回数に制限がないので、2回乗り継いだら2つ目と3つ目のバス運賃といった形で割引を受けることもできます。

そこで、「nimoca」のポイント制度を活用した意外な?バスの使い方を紹介します。

 

西鉄バスの通勤定期券運賃は、片道普通運賃に対して1ヶ月券で45回分(22.5日)、3ヶ月券で約128回分(1ヶ月あたり約21.37日)、6ヶ月券で約255回分(1ヶ月あたり約21.26日)となっているようです。最低でもこの回数(日数)分はバスを利用しないと、片道普通運賃で利用するより割高になってしまいます。

1ヵ月あたりの出勤日数を年間平均して考えると、週休2日の会社の場合で概ね21日前後になります。 上記の最低日数と出勤日数を比較すると、あまり変わらないことが分かります。

そこで定期券を購入せずに、「nimoca」に入金(チャージ)して西鉄バスを利用した場合を考えてみたいと思います。

 

まずは1ヶ月で必要な普通運賃を計算します。 片道運賃が220円区間で月21日出勤の場合、220円×2(行きと帰り)×21(出勤日数)=9240円となります。

次に「nimoca」で西鉄バスを利用する場合は、ポイント制度が適用されますので、上記の普通運賃により付与されるポイントを計算します。 固定ポイントは普通運賃の2%なので、片道4ポイント(220×0.02)、1ヶ月で4×2(行きと帰り)×21(出勤日数)=168ポイントになります。ボーナスポイントは、2000円ごとに付与されますので、50(2000円到達時)+100(4000円到達時)+150(6000円到達時)+200(8000円到達時)=500ポイントになります。固定ポイントとボーナスポイントをあわせると1ヶ月で計668ポイントになります。

運賃固定ポイントボーナスポイント実質負担額
通常利用
(nimoca)
9240
(220×2×21)
168
(220×2%×2×21)
500
(50+100+150+200)
8572
(9240-168-500)
定期
(6ヶ月券)
9355
(56130/6)
009355

※出勤日数が21日の場合

以上の計算結果より、220円区間を月21日出勤で西鉄バスを利用した場合、普通運賃からポイントを差し引くと実質8572円(9240-668)となります。定期券運賃は6ヶ月券でも9355円(1ヶ月あたり)ですので、「nimoca」に入金(チャージ)して、定期券代わりに利用した方が800円程安くなります

 

皆さんが利用される区間でも、比較してみてはいかがでしょうか?

 

このポイント制度を活用した方法は、実際に利用する区間や出勤日数によっては、定期券より安くならない場合もあります。

投稿者 jrk813 | 個別ページ | コメント(0)


 

折りたたみ自転車 BD-1とBROMPTON

2012-07-28
Tag: その他

最寄り駅までの足として自転車を探しています。 想定している使い方としては、駅までの通勤手段が主ですが、場合によっては鉄道を使わず会社まで(片道10km)、休日に気が向いたらサイクリングといった感じです。

住宅環境の事情などから、下記の条件を元に、Webで情報収集しました。

  • 折りたたむ事が出来る
  • なるべく軽い
  • それなりに早く走れる

Webでの情報収集の結果、下記の2車種が気になりました。

  • BD-1
  • BROMPTON

BD-1は、会社の人に相談して勧められた車種でもありますが、他に比べ1~2kg軽く、普通の26インチサイズに負けず劣らず速く走ることが出来るようです。小径車は路面の凹凸を受けやすいのですが、この自転車は前後にサスペンションがついているので、乗り易そうです。

BROMPTONは、折りたたみサイズが小さくなるように泥除けが標準でついていることや、オプションでキャリア(荷台)やハブダイナモライト(高いですが)を取り付けることが出来ることから、実用性が考慮されており、通勤手段としては最適な自転車です。Webの情報では内装3段の変速機により、見た目によらず速く走るそうです。

この2車種のどちらにしようか迷っていたところ、近場にあるローロサイクルワークス 福岡でBD-1の試乗会があることを知り、参加して見ることにしました。

 

お店に行くと案外空いていて、連絡先などを記入してすぐに乗ることが出来ました。 試乗したのは「BD-1 Standard」と「BD-1 ALFINE」で、ALFINEはお店の人に「是非乗ってみて下さい」と勧められ、折角なので乗ってみました。

乗ってみた感想ですが、小径車でありながら、想像していた以上にスピードを出すことが出来、運動が不得意な自分ですが、近くの大濠公園を1周(2km)するのに6分弱で、20km/h程度は普通に走れたことになります。変速機が8段(ALFINEは11段)あったので、多少の上り坂は難なく登ることが出来ました。 ALFINEは内装11段で見た目すっきりしていますが、走りは言うことなく、欲しくなりましたが、価格と重さが重くなるので、諦めました。

 

試乗会のあったお店ローロサイクルワークス 福岡は、BROMPTONも取り扱っており、「BROMPTON M3L」にも試乗しました。

こちらもWebの情報通り、BD-1と同じように速く走ることが出来ました。ただ変速機が3段であるため、足の回転数の調整が難しく、上り坂が一番軽いギアでもちょっと辛く、自分には合わないと感じました。 ただ、折りたたみサイズがコンパクトなため、輪行をメインで使用する場合には、この自転車はよいと思います。

 

試乗の結果、「BD-1 Standard」を購入することにしました。納車は後日になりましたが、楽しみがひとつ増えました。

 

投稿者 jrk813 | 個別ページ | コメント(0)