タブレットを購入

2015-4-19
Tag: その他

2014年冬にNECパーソナルコンピュータから発売された、8インチのWindowsタブレット「PC-TW708T1S」を購入しました。 以前からタブレットが欲しいと思っていたのですが、以下の理由により購入に至りました。

  • NECから8インチのWindowsタブレットが発売
  • ガラケー(フューチャーフォン)を取り巻く環境の変化
  • 格安SIMの普及
DSC02562
 

まず1番目の理由について、8インチのWindowsタブレットは他のメーカーから既に発売されていますが、NECの「PC-TW708T1S」を選んだのは、国内メーカーにこだわった事となるべく解像度が大きい機種を希望したためです。あとは、社会人になってから自分用のノートパソコンを所有しているのですが、ずっとNECのLavieを使い続けていることから、NECをひいきにしている事もあります。

次に2番目の理由について、今まで外出先でインターネットで調べ事をする時はガラケーを使用していましたが、スマートフォンの普及によりWebサイト側がガラケーに対応しなくなったり、閲覧し辛くなってきました。普通ならばスマートフォンにとなるのでしょうが、毎月の支払いが7000円前後かかることと、ほとんど待受け専用なので割に合わない事から我慢してガラケーを使い続けてきました。

最後に3番目について、これもスマートフォンの普及が後押ししていると思いますが、MVNOによるインターネット接続サービスが安く利用できるようになりました。1ヶ月2GBまたは3GBの場合で1000円を下回る料金であることから、ガラケーのパケット定額サービスを縮小または解約することで、月々の支払い額を増やさずにデータ通信を利用できるようになります。

 

格安SIMを使用する前と使用後の月々支払い項目を以下に記載します。

項目ガラケーのみガラケー&格安SIM
ガラケー基本料¥934¥934
インターネット接続料¥300¥300
パケット定額料¥2,000¥372
ユニバーサルサービス料¥2¥2
消費税¥258¥128
格安SIM基本料¥900
ユニバーサルサービス料¥2
消費税¥72
合計¥3,494¥2,710

※ガラケーの各料金はD社の一例です。

ガラケーのパケット定額サービスを完全に解約していないのは、電話とメールの使用頻度を考慮したプランを選択した事と、ネット銀行のサービスを引き続きガラケーで利用する場合があるためです。

 

さて、ここまで「PC-TW708T1S」を外出先でWebに接続する前提で話を進めてきましたが、1つ重要な課題があります。「PC-TW708T1S」にはSIMカードスロットが無いため、SIMカードを購入しても外出先でWebに接続できないのです。無論これは購入前に調べておきましたので、別途NECのモバイルルータ「MR03LN」を一緒に購入しました。またNEC?と突っこみたくなりますが、「MR03LN」は以下の特徴がありモバイルルータを検討されている方は買って損は無いと思います。

  • ドコモの全ての周波数帯に対応(大半の格安SIMはドコモの回線を使用)
  • LTE対応
  • Wi-Fi通信で約12時間、Bleutooth通信で約24時間の連続動作が可能
 

投稿者 jrk813 | 個別ページ | コメント(0)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White