グリーンマックス 817系3000番台 TNカプラーへ交換

2014-09-01

2014年8月下旬、グリーンマックスより817系3000番台が発売されました。 当鉄道は増結セット1本のみ導入しました。グリーンマックスの製品は、キハ200系以来の購入になりますが、最近の動力はあまり評判が良くないようなので・・・。

JR九州の車両ならでは?の細かいレタリングなども綺麗に印刷されていますが、 台車・床下機器の色が薄い灰色になっており、ちょっと違和感があります。ちなみに実車は濃い灰色です。 ヘッドライト・テールライトは点灯しますが、行先方向幕は非点灯となっています。

DSC02081

当然のことながら動力無しですので、走行させるためにはマイクロエースの811系・813系やKATOの813系と連結させる必要があります。

当鉄道には既に811系・813系が導入されており、先頭車両の運転台側は全車両ボディマウントのTNカプラーに統一しています。ですのでこの817系3000番台も例外なくTNカプラーの取り付けを実施する事にしました。

 

まず、TNカプラーを取り付ける条件を記載します。

  • 半径280mmの曲線を通過できる事
  • 半径541mmのS字曲線を通過できる事
 

車両を分解すると、ボディマウントのTNカプラーを取り付けれそうなツメがありました。しかし既にスカートが固定されており、ちょっと手強そうです。とりあえず、スカートを取り外してTNカプラーを取り付けます。カプラーは、密連形TNカプラー(SP・黒・電連2段付き)の JC6323を使用しました。

DSC02063

取り外したスカートを眺めていると不思議な溝がありました。どうやらこのスカートは3つのパーツを組み合わせて、接着剤で固定して出来ているようです。

DSC02059

溝に合わせてスカートを分割・固定すれば、TNカプラーに対応できそうな感じなので、分割してみました。

DSC02060
DSC02062

分割したスカートをとりあえず両面テープで固定してみました。 そのまま固定するとスカートが前に出すぎて、TNカプラーが首を振らなくなるので、スカートと干渉する部分のTNカプラーを少し削りました。

DSC02071

既にある811系や813系と連結させてみます。カーブの写真はR280上で撮影しました。

マイクロエース 811系

DSC02065
DSC02068

マイクロエース 813系

DSC02066
DSC02067

KATO 813系

DSC02064
DSC02069

KATOの813系と連結した時カーブで接触していましたが、元々KATOの813系はTNカプラーを両面テープ強引に?固定しているだけなので、前後方向の位置を調整すれば解決しそうです。

後日、実際に走行させて他に問題が無いか確認したいと思います。

 

投稿者 jrk813 | 個別ページ | コメント(0)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White