2014/06/18(水)ついに実現!817系3000番台だけの9両編成

とある朝、会社へ向かう途中に博多駅で列車を待っていると、普段は813系の運用に817系3000番台が代わりに入っていました。

2013年春のダイヤ改正から817系3000番台が追加投入されてからは、このような代走も珍しい光景でもなくなりつつありますが、この日に見た列車は違いました。
この列車は門司港発荒尾行きの普通列車(2329M)で、普段は前3両が813系で残り6両は817系3000番台で運行されています。

つまりこの列車の3両の813系が817系3000番台に変わるということは、9両編成の全てが817系3000番台で運行されることになります。

いつかはあるのかなと思っていた夢のような?編成がこの日現実となりました。時間に余裕があったので、817系3000番台の9両編成となった列車が博多駅を出発する様子を撮影しました。


いざ、817系3000番台の9両編成を目の前にすると、やはり見慣れないので違和感もありましたが、貴重な光景を見ることが出来てよかったと思います。817系3000番台が更に追加投入されることがあれば、このような編成も珍しくなくなるのかもしれません。

OK キャンセル 確認 その他